治療対象疾患・症状

治療対象疾患・症状

"循環器"内科

“循環器”に関わるすべての疾患の治療を行います。

  • 胸が重苦しい。(心筋梗塞や狭心症かもしれません)
  • 健康診断に心雑音を指摘された。(弁膜症かもしれません)
  • 突然、胸がドキドキしてくる。(不整脈かもしれません)
  • 長く歩くと、ふくらはぎが重たくなる。ちょっと休憩すると、症状なくなる。
    (足の動脈が狭くなったり、閉塞しているかもしれません)
  • 血圧が高い。(腎臓の動脈が狭くなっているかもしれません)

こういった症状の人は、どこか“循環器”が悪い病気かもしれません。

具体的には
  1. 心筋梗塞、狭心症といった虚血性心疾患、心臓の筋肉の病気(心筋症)、心臓の中の扉(弁)の病気(弁膜症)など。
  2. 不整脈への薬物治療、カテーテル治療(アブレーション)
  3. 足の末梢動脈の狭窄・閉塞に対するカテーテル治療
  4. 腎動脈狭窄へのカテーテル治療、透析シャント不具合への対応など。