消化器内科

消化器内科外来の体制について

医師 担当日
楠本 月曜日(午前・午後診)・金曜日(午前・午後診)  ※午後診は予約制になります。
川山 第2・4火曜日(夕診)
須田(浩) 金曜日(夕診)
山田(肝臓内科) 水曜日(午前・午後診)

概要

消化器内科では消化管と肝胆膵についての診療を行っています。消化器癌の診断と治療、消化性潰瘍や逆流性食道炎の診療やヘリコバクターピロリ菌の診断と除菌療法、炎症性腸疾患の診療、肝疾患や膵炎の診療、ウイルス性慢性肝炎の抗ウイルス療法などを行っています。内視鏡的治療および経皮的治療として消化管では消化管出血の内視鏡的止血術、食道胃静脈瘤治療、消化管ポリープや早期癌の内視鏡的切除、異物誤飲での内視鏡的消化管異物除去、消化管狭窄に対する内視鏡的拡張やステント留置術、経口摂取困難な方への内視鏡的胃瘻造設術などを行っています。肝胆膵では総胆管結石による閉塞性黄疸、急性胆管炎、胆石性膵炎などに対して胆道ドレナージ、内視鏡的乳頭括約筋切開術と採石を行い、急性胆嚢炎に対して経皮的胆嚢ドレナージ、悪性胆管狭窄に対してステント留置術などを行っています。
消化器癌については消化器外科、放射線科と連携しながら診断・治療にあたっています。内視鏡検査では希望者には鎮静剤の使用や経鼻内視鏡検査を行っており苦痛の軽減が期待されます。消化管の早期癌では内視鏡的粘膜下層剥離術による癌の一括切除を目指しています。消化管出血や異物誤飲、急性閉塞性化膿性胆管炎など緊急を要する治療については24時間対応可能な体制作りを進めています。

診療内容

  1. 消化器全般の癌の精密診断
  2. 食道
    1. 胃・食道逆流症(逆流性食道炎)
      胃酸の逆流で胸やけや痛み、慢性の咳などを生じる病気です。
    2. 食道静脈瘤
      肝硬変に合併して出来る血管の瘤で、破裂すると大出血を起こします。
      緊急出血時や安定時に内視鏡で治療します。
    3. 食道癌
      早期癌に対して内視鏡的治療(内視鏡的粘膜切開剥離術;ESD)を行います。
      狭窄した進行食道癌に対して内視鏡的拡張(ステント挿入)術を行います。
  3. 胃・十二指腸
    1. 胃炎、胃・十二指腸潰瘍
      胃潰瘍の原因の70%、十二指腸潰瘍の原因の95%はピロリ菌です。またピロリ菌が原因の慢性胃炎は胃癌の原因になるとも言われています。ピロリ菌の除菌治療を積極的に行います。
      出血性潰瘍に対して内視鏡的止血術を行います。
    2. 胃静脈瘤
      肝硬変に合併して出来る血管の瘤で、破裂すると大出血を起こします。
      緊急出血に対して内視鏡的止血術を行います。
    3. 胃癌
      早期癌に対して内視鏡的治療(内視鏡的粘膜切開剥離術;ESD)を行います。
  4. 胆道(胆嚢、胆管)、膵臓
    1. 胆石(胆嚢結石、胆管結石)、胆嚢・胆管炎
      胆管結石に対する内視鏡的治療(内視鏡的乳頭括約筋切開術;EST)や急性胆嚢炎に対するドレナージ(感染胆汁の排液)術などを行います。
    2. 胆道癌
      胆道狭窄に対してステント(狭窄を広げる管)留置術を行います。
    3. 膵炎
      急性、慢性膵炎の治療と共に膵石に対する内視鏡的治療(膵管口切開術など)を行います。
  5. 肝臓
    1. ウイルス性肝炎
      インターフェロン療法やインターフェロンフリー経口剤による治療、核酸アナログ製剤による抗ウイルス療法などを行います。
    2. 肝硬変
      栄養療法を含め、肝機能安定化を目指した総合的な治療と肝硬変の合併症である腹水や肝性脳症、食道静脈瘤などに対する治療を行います。
  6. 大腸
    1. 大腸良性腫瘍・ポリープ
      必要なものに対して切除術(EMR)を行います。
    2. 大腸癌
      早期癌に対して内視鏡的治療(内視鏡的粘膜切開剥離術;ESD)を行います。
    3. 炎症性腸疾患(IBD)
      潰瘍性大腸炎、クローン病などの治療を行います。
    4. 過敏性腸症候群(IBS)

ご紹介時の留意事項

地域医療連携について

入院治療に繋がる可能性がある疾患、病状の場合、あらかじめ電話で問い合わせていただきますようお願いいたします。

東京西徳洲会病院
〒196-0003 東京都昭島市松原町3丁目1-1
TEL:042-500-4433(代)  FAX:042-500-4434(代)