栄養管理室

集合写真

先輩職員へのQ&A

須貝星音 管理栄養士2年目

Q入職した理由
A入職前の見学時に、責任者の方が「まだまだ発展途上なので、一緒に成長していきましょう」とおっしゃいました。その言葉が印象に残り、「私もこの病院の一員となって働きたい」と思ったことが理由です。
Q職場の雰囲気について
A栄養管理室は、日々努力しながら様々な業務に取り組んでいます。定期的に行うミーティングでは協力して仕事に取り組めるよう一人ひとりの意見を聞き改善に努めており、とても良い雰囲気の中、共に成長ができる職場です。
Q働き始めて感じたこと
A入職した当時は患者様一人ひとりに合った食事療法を見つけることができず、落ち込むことがありました。先輩方に助言を頂き、失敗を重ねながら次につなげられるよう努めています。栄養指導の際に患者様から「今日は聞いてよかった」と言われた時は嬉しかったです。当院では、興味を持つことに挑戦できる環境が整っているため、充実した日々を送れていると感じます。
Q印象に残っている患者様について
A極度のるいそうで入院してきた患者様がいました。入院当初は活気がなく、食事に対して積極的ではありませんでした。しかし、日を重ねる毎に表情が明るくなり、前向きな話ができるようになりました。多職種が関わることにより、患者様自身の心を動かすことができたのだと思います。私はこの経験を通じて、多職種と連携すること、患者様の気持ちに寄り添うことの大切さを学びました。

グループ新聞「徳洲新聞」に掲載されました。

食事で患者さんを笑顔に 田中夢乃・東京西徳洲会病院管理栄養士

田中夢乃・東京西徳洲会病院管理栄養士

小学生の頃に母が入院したのをきっかけに病院の仕事に興味を持ちました。普段から食事に関心があり、病院食で患者さんに貢献したいと思い、管理栄養士を選択。地元で働きたかったので、祖母が入院したこともある当院に入職しました。
現在は入院や外来患者さんの栄養管理を行っています。患者さんの不安な気持ちを解消するため、なるべく笑顔で、やわらかい口調で話すことを心がけています。手術後に食欲がなくなった入院患者さんに、主食をご飯からうどんやおかゆに変えるなど工夫し、「食べられるようになったよ、ありがとう」と言われた時は嬉しかったです。これからも食事をとおして患者さんを笑顔にできるように頑張ります。
今年で入職2年目になり後輩も入ってきました。これまで先輩に助けられてきたことを私も後輩にしていきたいと思いますが、まだまだ課題です。当院の良さは相談のしやすさ、職種間の壁がないことですので、私もそれを引き継いでいきたいと思います。
休日は家族や友達とおいしいものを食べに行くことが何より幸せです。
2018年(平成30年)7月9日 月曜日  徳洲新聞 NO.1141