口腔インプラント

口腔インプラント

口腔インプラントは、東京西徳洲会病院口腔外科と、アドバンス社(AQBインプラント)と連携で2005年9月東京西徳洲会病院開設とともに院内に設立しました。

3次元CT画像(dentaCT)GE社製による術前の的確な画像診断による正確で安全な植立と中央手術室を使った無菌的操作 を具現化し、西多摩地区において幅広く口腔インプラント植立を展開しております。インプラントは第4世代バイオインテグレーションtypeのAQB1回法 を使用し、しかもインプラント専門医の植立のため、手術時間もきわめて短く、患者様に最小限の外科的侵襲で施術がおこなわれています。

またさらに特徴的なのは、下部構造のみ当センターで植立をし、上部構造は紹介開業医さんに製作をしてもらうという、インプラン ト病診連携を積極的にとりいれていることにあります。これは、植立後のメンテナンスがきわめて容易であり、初期固定後のトラブルが極めて少ない事に由来し ます。術後の十分な咀嚼機能が実現しているかどうかが、インプラント植立後の評価であり、われわれはいつまでも健康で元気な生活が送れることの一助になれ ばと積極的なインプラント植立を推進しております。