病理科

概要

病理科は患者様が胃などの内視鏡検査を行い、病変から組織を一部採られた場合(生検)、厚さ3-4 ミクロンの顕微 鏡標本を作成して病理組織学的診断、いわゆる病理診断を行っています。もし胃の生検で悪性と診断されると患者様は 外科的に、あるいは症例によっては内視鏡的に病変の切除が行われますが、切除材料についても癌の拡がりや深さを含 め癌が全部取りきれているかどうか、血管やリンパ管への入り込み(脈管侵襲)の有無、リンパ節転移などについて詳 細に調べます。これらは通常4、5 日から10 日程で主治医に報告されます。

手術中に術中迅速病理診断として凍結標 本を作成し切除断端の癌浸潤やリンパ節転移の有無について15-20 分程度で電話返答をしています。もし、断端に癌が 出れば外科医は直ちに追加切除などの操作を行い再手術をせずに対応できます。

他に、癌検診としての細胞診や不幸に して亡くなられた方の病理解剖をご遺族の承諾を得て行い病因・死因の究明を行っています。

担当医

須田 耕一 病理科顧問

経歴

昭和41年 順天堂大学医学部卒業

資格
  • 順天堂大学名誉教授
  • 日本病理学会専門医
  • 日本臨床細胞学会専門医
  • 医学博士

その他

東京西徳洲会病院
〒196-0003 東京都昭島市松原町3丁目1-1
TEL:042-500-4433(代)  FAX:042-500-4434(代)