薬剤部

薬剤部からのお知らせ

平成29、30年度の徳洲会グループ薬剤師採用活動を実施中です。
詳しくは、徳洲会グループのホームページ をご参照ください。

概要

平成2年の医療法改訂により薬剤師は、”医療の担い手”として認められました。
徳洲会グループは、それ以前より"生命だけは平等だ!”のスローガンの下、”患者様第一主義”を貫き、薬剤管理指導業務について取り組みを行ってきました。
平成19年4月の医療法改訂より、医薬品安全に関する薬剤師の責任が明確化され、我々の役割が益々重要になっております。
そのような背景を踏まえ、当薬剤部では開院時より積極的な薬剤管理指導業務への取り組みを行ってきました。
徳洲会グループは外来処方については院内調剤を基本としており、当院でも実施しております。
また入院調剤はもちろん、抗がん剤の混注業務を始めとして、がん化学療法への取り組みも積極的に実施しております。
それ以外にも、医療安全・感染対策・褥創回診・禁煙外来・糖尿病教室などにも取り組みをしております。
薬学生の教育も大切な事業として捉え、薬学生の長期実務実習の受け入れを常時行っております。
徳洲会グループ内への離島・僻地研修へ常時薬剤師派遣を行っており、今後も継続的な派遣と行います。

目標は、院内のあらゆる業務への関与と各業務の核となる存在となること、そしてグループ施設の核となることです。 そして、当薬剤部は職場を"自己実現の場”として捉え、スタッフ1人1人の目指す薬剤師像を大切にしております。