リハビリテーション科

集合写真

言語療法部門

言語聴覚士

H29年度 目標

質の高い言語聴覚療法を提供する

具体的内容
  1. 定期的な勉強会・カンファレンスの開催
  2. 嚥下造影の読影の勉強、嚥下造影検査前後のカンファレンスの実施
  3. 食事開始前の嚥下機能ダブルチェック体制の徹底