漢方外来

概要

漢方専門外来は西洋医学と異なり、中国伝来の2000年の歴史に基づいています。患者さんの全身状態を診察し、身体全体のバランスを整え、体質改善を図る治療法です。漢方で直ちによくなることもありますが、一般に慢性病では長期の服薬が必要です。重症な病気よりは軽症の病気に適し、未病を治すというように病気の予防には有効です。

風邪やインフルエンザを漢方で治したい、冷えや疲労感や肩こりなど多彩の慢性症状でお困り、検査では異常ないが体調が悪い、難病でお困り、漢方に興味があって一度漢方を試してみたいという方も是非お気軽にご相談下さい。

尚、漢方外来ではそれぞれの病気の診断は致しませんので、必ずそれぞれの病気の専門医の診断を受けた上で、受診して下さい。

受診までの流れ

【1】まずそれぞれの病気の専門医を受診し「漢方での治療をしたい」旨お申し出下さい。
【2】専門医に申送上もしくは紹介状をいただき、漢方外来を予約します。
【3】専門医の診断に基づきあなたにとって最適な治療法をご提案します。

外来診療予定表

担当医

小川由英 医学博士 肝臓病総合医療センター長、泌尿器科部長、漢方外来

経歴

昭和45年 慶応義塾大学医学部卒業

資格
  • 米国医師免許証(バージニア州)
  • 日本泌尿器科学会専門医・指導医
  • 日本腎臓学会専門医・指導医
  • 日本透析医学会認定医・指導医
  • 日本腎移植学会認定医
  • 日本性機能学会専門医
  • 日本東洋医学会専門医・指導医
  • 日本医師会認定産業医