高気圧酸素治療室のご案内

東京西徳洲会病院は、高気圧酸素治療装置をもつ数少ない施設の1つです。年間1,000例ほどの治療を実施しています。
当院では特に、急性末梢血管障害・下顎性骨髄炎・ガス壊疽・骨髄炎・難治性潰瘍を伴う末梢循環障害の治療を数多く実施しております。また、放射線治療と併用される悪性腫瘍や放射線障害(皮膚粘膜疾患など)にも対応しています。

高気圧酸素治療とは

高気圧酸素治療(HBO;Hyperbaric Oxygen Therapy)は、大気圧より高い気圧環境の中で酸素を吸入することによって、通常の大気圧下での呼吸で得られる酸素量に対して、10~20倍にまで酸素を体内に取り込む事ができます。酸素の力で酸素不足またはダメージを受けている組織を回復させる治療です。

治療中は、患者様自身にしていただくことは特にありません。装置の中で 治療時間を過ごして頂くだけです。テレビを見て頂いても結構ですし、お休みになられても構いません。治療中は、装置に備え付けのマイクで患者様とスタッフ間でコミュニケーションがとれます。なお、治療時間は1時間30分ほどです。

高気圧酸素治療の主な効果

  1. 体内(血液中)の酸素量を増加させ、生体内の低酸素症を改善します。
  2. 酸素の抗菌作用を利用し、細菌の発育を阻害します。
    また、抗菌薬の殺菌作用の増強による重症感染症の治療の補助療法としても用いられます。
  3. 生体内にできてしまった気体を圧縮し、再溶解することにより末梢循環の改善をし、組織の浮腫を軽減させる生体内気体の圧縮・溶解効果があります。
  4. 血管収縮による頭蓋組織内圧力を減少、浮腫の抑制大量の酸素を取り込んでいるため、低酸素化をおこすことはほとんどありません。
  5. 通常より血液中に大量の酸素が流れることにより、新しい毛細血管が形成されやすくなり、血流障害となった組織にも酸素を供給しやすくします

高気圧酸素治療への適応

高気圧酸素治療はさまざまな疾患に適応されており、健康保険上では以下のように区分されております。治療効果については個人差はありますが、治療を継続することでその効果は維持されます。

治療は通常1日1回です。治療回数は、適応疾患や患者様の症状によって担当医が判断します。少ない治療回数では10回、治療回数が多いときは30回程度になります。

高気圧酸素治療の対応疾患

  1. 減圧症または空気塞栓(発症後一カ月以内)
  2. 10回までのもの

    ■ 急性一酸化炭素中毒その他のガス中毒(間歇型を含む)
    ■ 重症軟部組織感染症(ガス壊疽、壊死性筋膜炎)又は頭蓋内膿瘍
    ■ 急性末梢血管障害
     ・ 重症の熱傷又は凍傷
     ・ 広汎挫傷又は中等度以上の血管断裂を伴う末梢血管障害
     ・ コンパートメント症候群又は圧挫症候群
    ■ 脳梗塞
    ■ 重症の低酸素脳症

  3. 30回までのもの

    ■ 下顎性骨髄炎
    ■ 突発性難聴
    ■ 放射線又は抗癌剤治療と併用される悪性腫瘍
    ■ 難治性潰瘍を伴う末梢循環障害
    ■ 皮膚移植
    ■ 骨髄炎又は放射線障害

治療が受けられない方・注意が必要な方

  • 気胸や肺気腫、その他慢性の肺疾患を持っている方
  • ぜんそく発作のある方
  • 妊娠中の方
  • 耳抜きができないとき(風邪などで鼻がつまっている、鼻水が出ているとき)
  • 中耳炎や蓄膿症、副鼻腔炎など、耳や鼻に病気があるとき
  • 閉所恐怖症など狭いところが苦手な方
  • ペースメーカー使用中の方
  • 下痢などでおなかの具合が悪いとき

お申込み・お問合せ

TEL 042-500-4433(代表)

お問い合わせ時間
平日 9:00〜17:00 / 土曜 9:00〜12:00