お知らせ

5月20日(日)に看護の日のイベントを開催します

看護の日と看護週間

毎年5月12日(フローレンス・ナイチンゲールのお誕生日)は「看護の日」となっています。そして、5月6日(日曜日)から12日(土曜日)までが「看護週間」です。

21世紀の高齢社会をささえていくためには、看護の心、ケアの心助け合いの心を、私たち一人一人が分かち合うことが必要です。こうした心を、老若男女を問わずだれもが育むきっかけとなるよう旧厚生省は1990年に近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日の5月12日を「看護の日」に制定し、ナイチンゲールの日とも呼ばれています。

当院ではメーンテーマを「思いやろう、あなたとわたし。いっぱいの笑顔で」とし、気軽に看護にふれていただける楽しいイベントを5月20日(日曜日)10時~15時、本館1階北ブースにおいて行います。お気軽にご参加ください。

日時 5月20日(日)10時~15時
場所 東京西徳洲会病院 本館1階北ブース
テーマ 「思いやろう、あなたとわたし。いっぱいの笑顔で」
看護師やコメディカルの患者さんに対する思いを綴ったブースもあります!
内容

測定ブース (身長体重、血糖値、血管年齢など)

災害対策ブース (AED、家庭で出来る応急手当、体験コーナーなど)

相談ブース (薬剤、健康、福祉、栄養、フットケア、睡眠時無呼吸症候群など)
看護師、薬剤師、メディカルソーシャルワーカー、管理栄養士、検査技師等様々な職種が相談を受けます。

リハビリブース (体力測定、健康アドバイスなど)

進路相談ブース (看護師や保健師を目指す方)

その他(看護部長のお話、病院紹介、記念品配布など)

来場者にはもれなく記念品プレゼント!