初期研修医からのメッセージ

当院で研修医が行う病院外での活動をご紹介!

さてさて研修医からのメッセージも第2弾となりました。

今回は当院で研修医が行う病院外での活動を紹介しようと思います!パチパチ!

ずばり学会発表です。

研修病院で悩んでいる医学生や普段からお世話になっている地域の方々に少しでもこの病院の良い所を知っていただければと思います。

医師になったからには必ず経験する学会発表を、研修医からする機会があります。
僕は12月に行われた第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会で2演題発表しました!

 

いやー、緊張していますね。でも適度な緊張は大切です。

まぁ緊張しすぎて、噛み噛みだったんですけどね。笑

学会では、他の病院の研修医の先生方もたくさん発表していました。
皆さんスライド作りも素晴らしいし、説明もうまいし、本当に刺激になりました。

「学会なんて研修終わって落ち着いてからでいいでしょ」

と思う人いるかもしれません。僕も最初はそう思ってました。

ただ、参加して思いました。学会発表は、刺激にもなるし、勉強にもなるし、絶対に研修医の間で経験した方が良いという事です!

そんなこんなで学会は無事終わったとのですが、後日、ある封筒が2通僕の元に来ました。

なんと、2演題とも論文にしてほしいとの依頼でした!パチパチパチ

これもご指導頂いた先生方や事務の方々、スタッフの方々のお蔭です。

徳洲会はどうしても『救急!多忙!勉強する暇なし!』と思われがちですが、必ずしもそうではないんだよということが少しでも伝わればと思います。

興味ある方は是非当院へ見学にお越し下さい!