療養病棟のご案内

従来の救急医療に加え、“慢性期高齢者医療”までの幅広い医療に対応して参ります。

ごあいさつ

医療の懐は広く深いものです。検査や投薬や手術だけが医療ではありません。
医療はその時代の文化、習慣、法律、政治、正義、宗教、哲学など多種多様な社会事象と不可分であり、その渦潮の中にあってなお医療従事者は「患者さまにとって何が本当の幸せか」という大命題に対峙し続けねばならないと思います。
私たち療養科では、患者さまの「病気を診る」のではなく「人を診る」医療を通じて、療養生活や終末期医療に臨まれる患者さまやご家族と一緒にこの大命題に取り組みながら、入院生活のお手伝いをさせていただきたいと思っております。

療養病棟部長 瀧宮 顕彦

主な診療内容

リハビリテーション

運動器・脳血管疾患・呼吸器
1人の患者さまを理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の3部門が共同し、身体機能面、日常生活動作、言語・認知面といった多面方向からサポートします。

人工透析

血液透析・腹膜透析
透析維持が必要な患者さまが安心して療養生活を過ごせるようにサポートしていきます。食事療法は管理栄養士が対応いたします。

持続点滴・胃瘻

各種疾患などにより、飲食が困難な症状の患者さまに対し、24時間持続点滴・胃瘻により栄養維持を行います。

療養病床概要

医療型療養病床(平成24年1月1日申請済)

病床数 49床
個室(シャワー・トイレ付)1床 9,720円/日(税込)
個室(シャワー・トイレなし)4床 8,640円/日(税込)
4人床 44床(ICU含む) 室料差額無料
デイルーム 1箇所
浴室 1箇所(機械浴あり)
看護師 20:1~25:1
看護補助者 20:1~25:1
入院保証金 不要
生活保護 受入可能

終末期看護の尊厳あるケアと療養環境を提供し、患者さま・ご家族の納得・満足が得られる看護・介護を目指します。

療養病棟フロアのご案内

療養病棟フロアのご案内図

入院のご案内

入院費について

  • 入院費は健康保険、国民健康保険などの適用が可能です。
  • 当院の療養病床では個室に限り、病室設備の関係上、室料差額が発生いたします。
  • 概算につきましては、担当者にご相談ください。

入院時のお願い

  • 当院では患者さまの衛生面を考慮し、入院中にご使用されるパジャマ・洗面用具の一部につきましては、当院にてご用意しております「入院セット」のご利用をお願いしています。
  • 持ち物全てにお名前を記載してください。入院時にお持ち物のご確認をさせていただきます。