ご挨拶

ご挨拶

東京西徳洲会病院院長 渡部 和巨

徳洲会グループは、1973年大阪松原徳洲会病院開院を皮切りに、24時間365日患者様を断らない医療を実践すべく、各地に病院を開設しております。
この東京西徳洲会病院は2005年9月に59番目の病院として東京都に初めて開設されました。当初は、500床の許可病床を認可され、全病床の稼働を目指すべく、努力して参りました。皆様のお蔭で、2016年6月486床のfull openを成し遂げる事が出来ました。2015年が10周年ではありましたが、full openまでの道半ばの時期でしたので、敢えて記念式典をせず、本年、full openの節目と共にこれまでお世話になった方々への感謝の気持ちと、10年の道筋を皆様と共有致したく、式典を開催させて頂く事になりました。

2001年武蔵村山市での病院開設計画が2002年に無効となり、僅か年内3ヶ月の猶予のなかで現在の病院敷地決定、2003年8月着工、2005年9月開設。
この間、徳洲会の理念にご共鳴頂いた皆様の多大なご厚情を以って、現在の病院が存続しております。この事を現職員は決して忘れてはならない、これから先も肝に銘じておかなければならない歴史であります。

全国には400床以上の病院が全体の1割800程あり、500床以上は約400です。次にこの病院が名実共に、その1割の病院群の一病院として、しっかりと責務を果たすための努力と結果をお示しする事が、地域の方々に信頼され、頼りにされる事に繋がると考えております。救急診療、心臓循環器、整形外傷、形成外科、口腔外科、放射線検査・治療、一般・乳腺外科など秀逸な科が多くあります。今後さらに一般内科を始め多くの科の増設、日々変化していく社会情勢を把握し、常に半歩先を進んだ医療を提供し続けて行く所存であります。
何卒、ご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。