医療安全管理指針

安全管理に関する基本的考え方

安全な医療の提供は医療の基本となるものであり、職員ひとりひとりが医療安全の必要性・重要性を自分自身の課題と認識し、医療安全管理体制の確立を図り、安全な医療の遂行を徹底することが重要です。東京西徳洲会病院はこの考えの下に、医療従事者の個人レベルの対策とともに、病院全体の組織的な対策を推進することによって事故を防止し、患者様が安心して安全な医療を受けられる環境を整備することを目標としています。

安全管理のための組織および体制

当院の医療安全管理体制は、病院全体の医療安全を管理・指揮する医療安全管理委員会、各部署のリスクマネージャーが構成員となり事故防止について検討を行う医療事故防止委員会、専従の医療安全管理者が実務を担当する医療安全管理室からなっています。

医療事故等発生時の対応に関する基本指針

  1. 認知した医療事故については、速やかに必要な回復措置を講じます。
  2. 事故の状況及び必要な措置について、患者様やご家族に説明の上承諾を得るとともに、事実関係を記録します。
  3. 突発的に致死的心肺・脳障害に陥った患者様に対しては、院内救急コールの出動を要請し救命措置に勤めます。
  4. 医療事故の防止および医療トラブルの円滑な解決に資するため、医療事故(ニアミスを含む)および医療トラブルは院長に報告し、院内連携を図るよう努めます。

医療従事者と患者さまとの間の情報の共有に関する基本方針

患者様からご要望があった場合、およびその他必要な場合は、「医療に係る安全管理のための指針」が閲覧できます。

患者さまからの相談への対応に関する基本方針

「患者相談窓口」を設置し、適切に対応します。

その他医療安全の推進のために必要な基本指針

職員は、インフォームド・コンセントを徹底し、患者様やご家族と良好な人間関係の醸成に努め、必要とされる注意義務を履行するとともに、確認を励行し、関係者間の連携を密にして患者様中心の安全な医療の提供に努めます。