患者様の「権利と義務に関する憲章」について

医療法人徳洲会 東京西徳洲会病院では、当院で行われる医療が十分に説明され、患者様が十分に理解、納得され、同意されたうえで、治療が行われる事を基本としています。
病院と患者様が信頼関係で結ばれて医療を行うために、患者様の権利と義務に関する憲章についてご説明します。

患者様の権利について

  1. 診療、治療、ケアに関わることは十分な説明を受け、自分の意思に基づいて、選択・同意・拒否することができます。
  2. 疼痛緩和の要求をする権利があります。
  3. すべての人は、良質かつ適切な医療を平等に受ける権利があります。
  4. 医療に関する個人情報やプライバシーを厳正に保護される権利があります。
  5. 診療計画の作成に参加し、診療内容、診療費を知ることができます。
  6. 病気の診断や治療方法について他の医療機関などへ意見を求めること(セカンドオピニオン)ができます。
  7. 診療録等の情報の提供、カルテの開示の申請をすることができます。
  8. 患者様が意思決定できなくなる可能性がある場合、決定権をもつ代理人を事前に指定する権利があります。
  9. 患者様自身や家族が治療に関する倫理的な問題を話し合う必要がある場合、病院より必要な援助を受けることができます。

患者様の義務(患者様へのお願い)について

  1. 病気については、正直かつ正確な情報の提供をお願いします。
  2. 治療中、心身に変化や問題が起こった場合は職員にお伝え下さい。
  3. 治療方針を守り、お互いに協力して治療効果をあげるように努めて下さい。
  4. 施設の管理規定を守り、財産を大切にして下さい。

「患者相談窓口」のご案内

「患者相談窓口」では、当院の患者さま・ご家族の皆さまからのご相談やご意見をお伺いしています。ご心配なこと、お困りのこと、お気づきのことがございましたら、お気軽にお立ち寄り下さい。皆さまに安心して診療を受けていただけるよう、お手伝いさせていただきます。また、ご相談を通じて知り得た個人情報は、守秘するとともに、患者さまが相談したことで不利益を被ることがないように十分に配慮いたします。そして、病院のサービス向上に役立てていきます。

相談窓口の詳細はこちら